香肌小学校の学び「体験型教育」


一般的に学校では、既にわかっていることを知識として覚えることが主になります。

しかし、これからの時代に必要なのは、「体験」から考え、知識を知恵として活用する力。

香肌小学校では、様々な体験を通して、「生きる力」を養います。


どんな特徴があるの?


1. 豊富な自然体験

育てる、そして食べる、というリアルな食育、また自然を活かした地域産業を体験する場が数多くあります。

香肌小タマネギ収穫

全校でタマネギを収穫!

香肌小夏野菜ピザ作り

収穫した野菜でピザ作り体験!

香肌小田植え

近所の方の田んぼで、田植え、稲刈り等を体験

香肌小焼き芋会

収穫したサツマイモを火おこしして焼き芋に!

香肌小アマゴの稚魚放流

漁協の方と、アマゴの稚魚を放流。大きくなって帰って来てね。

香肌小アマゴ釣り体験

高学年になると、アマゴ釣りを体験!


2. CS(コミュニティスクール)制度による地域との結びつき

地域と共にある学校、として2018年からコミュニティスクール制度を開始。地域の方々から直接教わることで、よりリアルな学びとなります。

香肌小林業体験

林業家の方のご指導で林業体験

香肌小CS野菜苗

野菜苗の植え方を地域の方から教わります

香肌小CS布草履

リサイクルの授業で、地域の方から布草履作りを習いました

香肌小CS花壇

CSボランティアの方々に学校前花壇をいつも綺麗にして頂いてます

香肌小CS読み聞かせ

CSボランティアによる読み聞かせ


3. 縦割り活動による年長者の自覚

多くの活動が全校での縦割り班で行われます。高学年は自然に低学年を導き、低学年は自然に高学年を見習う。縦割りにより、このような「香肌小文化」が育まれています。

香肌小縦割りサツマイモ

サツマイモのつるさしのやり方は上級生が教えてくれます

香肌小縦割り旗づくり

みんなで運動会の旗づくり


4. 先進的な英語教育

英語教育義務化に先立ち、5年前から英語授業を開始。オーストラリアとのSkype通信などで、「生きた英語」を学びます。

香肌小英語Skype

オーストラリアの小学生とSkype通信中!

香肌小英語ALT

低学年でも、ゲーム形式で楽しく学びます


そんな香肌小学校の授業を実際に体験してみたい!と思ったら