2020年7月

2020年7月 · 31日 7月 2020
山の近くの香肌小学校と、海の近くの松ヶ崎小学校との山海交流が実現しました。これまで、オンラインで自己紹介や学校紹介をし、いよいよ松ヶ崎小の5,6年生が香肌小へ!森を考える会のみなさんにお世話になり、あまごつかみや竹串さし、あまごの塩焼きを楽しみました。その後、近くの川を散策し、水遊びや石切にチャレンジ!給食をランチルームで一緒に食べ、運動場でソーシャルディスタンスを考えたレクをしました。午後は、蓮ダムへ行きました。雄大な景色に歓声を上げ、展望台まで上り、みんなで記念撮影をして交流を終えました。初めは、少し恥ずかしそうな子どもたちでしたが、少しずつ、会話も増え、「すごく気が合う友だちができた。」「あまごがやわらかくておいしかった。」という声も聞かれ、コロナ禍でたくさんの行事が中止になる中で、とても楽しい一日となりました。
2020年7月 · 31日 7月 2020
4,5,6年生がデイキャンプをしました。例年であれば川遊びやテントでの宿泊もあるのですが、今年はキャンプファイヤーまでのデイキャンプとなりました。まずは、香肌っ子班に分かれての飯盒炊さん。火をおこすのに苦労したり、ふたが上がってくるまでどきどきしたりしながら、どの班もこがすことなくおいしいご飯が炊けました。みんなでカレーとスイカを食べた後、お楽しみのキャンプファイヤー!それぞれの班で準備した出しものや歌や踊りを楽しみました。どの班も協力するという目標の通り、力を合わせ、自分たちで行動できていました。制限の多い今年の夏ですが、人数の少ない香肌小学校だからできたこともたくさんあり、花火や星空観察など、”夏”を感じる思い出の一日となりました。
2020年7月 · 27日 7月 2020
これまで、何度も猿に野菜をとられていた学級園の獣害よけネットが新しくなりました。上山組さんが、学校のためならということで、地域貢献の一環として作ってくださることになり、ご厚意に甘えて作っていただきました。「やはりプロは違う」という感じで、使いやすく、とても安定感のある獣害よけネットが完成しました。お仕事の合間をぬって、雨の日や休日に作業していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。とても安定した学級園になりました。これで、子どもたちが育てた野菜を安心して収穫できるようになります。本当にありがとうございました。
2020年7月 · 17日 7月 2020
 1,2年生が、生活科の学習でいつもお世話になっているバスセンターに見学に行ってきました。バスの運転手さんたちが、どのようにして毎日スクールバスを運転してくれているのか、どのようなことに気を付けているのかなどお話を聞かせてもらいました。バスセンターの中の様子を見て質問したり、バスの運転席を見て気づいたことを発表したり、新しい発見もたくさんあったようです。  運転手さんたちが、常に交通安全に気を付けて運転して下さっていることを改めて知るよい機会となりました。見学の感想やお礼を運転手さんたちの似顔絵入りで1枚の紙にまとめ、後日届け、喜んでいただくことができました。
2020年7月 · 06日 7月 2020
 今年度、松阪市の「やまゆりプロジェクト」で借りているiPadとmBOTをつかって、プログラミングのクラブ活動を行いました。ロボットが、模造紙に描かれた道を通ってゴールするためには、どのような動作を組み立てればよいかをかはだっ子班に分かれてプログラミングします。途中で障害物を置いたり、道を指定したりと難易度を上げながら、班のメンバーで対話したり、動きを試行したりしてどの班もゴールにたどりつくことができたようです。今年度全面実施となった新学習指導要領で始まったプログラミング教育ですが、小さい頃から身近にコンピューターがある中で育ってきた子どもたちは、プログラミングの考え方も、ICT機器の使い方も、このようなゲーム感覚で身につけていっているのかもしれませんね。
2020年7月 · 06日 7月 2020
 全校集会で今年も恒例の笹飾りを作りました。休み時間に折り紙使って作った飾りをつけ、一人ひとりのねがいごとや目標をかいた短冊を笹につるしました。今年は、「コロナの感染が終息して、自由に行動できますように」という願いを書いている子も多かったです。「行きたいところに行ける」「会いたい人に会える」という日常の大切さ、ありがたさを日々痛感しています。今は、まだまだ我慢の日々ですが、この先にきっとまた自由な日常が戻ってくることを信じて、命を守るための行動をとっていきたいと思います。この日は、「本処香肌」の開館日でもあったので、来館してくれた地域の方にも短冊に願いを書いてもらってかざりました。みんなの願いが天まで届きますように・・・。