2020年1月

2020年1月 · 30日 1月 2020
3,4年生が、上山組さんと松阪建設事務所さんにお世話になり、森地区の擁壁工事の現場見学に行かせていただきました。小さなものでもとても大きく見える双眼鏡やボタンを押すと瞬時に距離や高さをはかる測定器などを実際にのぞかせてもらいました。とても大きなクレーン車やショベルカーなどの運転席にも実際に座らせていただき、運転している気分も体験させていただきました。たくさんのペダルやレバーがあり、操作するのは難しそうでしたが、みんな笑顔でとても楽しそうでした。地域のみなさんの安全のために工事をしていること、自分たちが作ったものがずっと残ること、地形や状況に合わせて創るので同じものはないことなど、現場で働くみなさんの思いも聞かせていただき、とても勉強になりました。そして、ドローンで記念撮影!最後には、お土産までいただいて帰ってきました。みなさん、本当にありがとうございました。
2020年1月 · 30日 1月 2020
三ツ知製作所で働く中国出身の技能実習生の方に来ていただき、水餃子と大根餅を一緒に作りました。水餃子の白菜、大根餅の大根は、1年生が学級園で育てたものです。始める前に全校のみんなに自己紹介をしてもらって、中国の場所や中国語についても教えていただきました。1年生の二人は、この時間のために中国語のあいさつを練習していたそうで、「ニーハオ」「シェイシェイ」「ハオチー」など何度も話しかけていました。中国では、焼き餃子より、水餃子が一般的で、餃子はおかずではなく、主食なんだそうです。皮も各家庭で小麦粉から作られるそうで、技能実習生の方は、小麦粉とぬるま湯で手際よく餃子の皮を作ってみえました。1年生の二人もまねをしながら、綿棒で皮をのばしたり、具をつつんだりしました。とーってもおいしかったです。三ツ知製作所さんのおかげで、貴重な国際交流ができました。ありがとうございました。
2020年1月 · 28日 1月 2020
3,4年生が昔のくらしを学習するために川俣資料館を訪問しました。地域のみなさん10人ほどの方が迎えてくださり、子どもの頃の生活や遊び、道具について詳しくお話ししてくださいました。子どもたちはこれまでに自分で調べたことや聞いたお話の中で疑問に思ったことを質問したり、メモしたりして一生懸命学びました。後半は、資料館の中を回りながら、わらから縄をあんだり、昔の農具を使って脱穀、精米を体験したりしました。実際に石うすをまわして大豆をきな粉にしたり、洗たく板をつかって手で洗たくをしたりもしました。最後には、昔の大家族の食卓のようにみんなで丸いちゃぶ台を囲み、用意していただいた麦飯のおにぎりや大根などの煮物、手作りの梅干し、たくあん、にぼしなどをいただきました。おじいさんやおばあさんが子どもの頃は、水をくんだり、ランタンに油を入れたり、農作業を手伝ったりすることが子どもの仕事であり、子どもも家族の中で立派な働き手だったことがよくわかりました。また、丸太で作った道具で山の斜面を滑り降りたり、竹を編んだ道具を川にしかけ、魚を捕まえたりすることが子どもの遊びだったことも教えてもらいました。今のように便利ではないけれど、自然とともに生活し、智恵を働かせ、工夫しながら生活することの素晴らしさを子どもたちも感じることができたのではないでしょうか。地域のみなさん、貴重なお話と体験、本当にありがとうございました。
2020年1月 · 27日 1月 2020
今回のクラブ活動は、みんなでクッキングでした。畑で育てた野菜と餃子の皮を使ったピザ作りです。餃子の皮にケチャップをぬり、ゆでたカリフローレとたまねぎ、ツナ、3,4年生が育てたコーンをトッピングし、チーズをのせてホットプレートで焼きました。それぞれ食材の担当を決めて、グループで協力し、完成させることができました。香ばしくて、栄養満点のかんたんピザのできあがり!! 「いただきます。」の後、みんなの笑顔とパリパリという音が家庭科室に響きました。残った野菜やちょっと苦手な野菜でもおいしく食べられるので、ご家庭でもぜひチャレンジしてみてくださいね。
2020年1月 · 24日 1月 2020
今年度2回目の交流学習として、宮前小学校の1,2年生21人がが香肌小学校に来て、1年生2人といっしょに勾玉作りに挑戦しました。この日は、松阪市文化財センターから3人の方が来てくださって、一人ひとりに丁寧に教えてくださいました。はじめは、四角いかたまりだった石に形を写し、サンドペーパーでどんどん削っていきます。仕上げは、水の中でさらに細かいペーパーでこすり、つるつるにしました。最後にひもを通し、勾玉ペンダントのできあがり! どの子も自分で作った勾玉を首にかけ、とても誇らし気でした。6年生で歴史を学習する頃に、1年生の時に作ったなあとまた思い出すのではないでしょうか。にぎやかな時間となりました。
2020年1月 · 18日 1月 2020
1月の土曜授業として、人権授業参観と人権集会がありました。人権集会では、元校長先生である西川義則さんに来ていただき、「自分がすき、人がすき」という演題で講演していただきました。「豊かな人生をおくるために毎日の生活で大切にしたいこと」として「や・さ・い」とお話ししてくださいました。「や」は、優しい心。「さ」は、差別(いじめ)をしない、差別やいじめを見逃さない、差別やいじめに負けない。「い」は、命を大切にする。ご自分の子どもの頃の話や今も挑戦していることなど、楽しく、穏やかに話される西川さんの話に子どもたちもどんどん引きこまれ、最後にはみんなの笑顔があふれました。物のみかたを変えたり、悲しい人がいたらそっと寄り添ったり、笑顔で挨拶したり・・・。心を豊かにすることって身のまわりにたくさんあるんだなと感じさせてもらう講演会となりました。西川さんからも「香肌小の子どもたちと会えてすごくうれしい気持ちになりました。子どもたち、素晴らしいですね。」という感想を聞かせていただき、とてもうれしかったです。参加していただいた保護者のみなさま、どうもありがとうございました。
2020年1月 · 16日 1月 2020
6年生が、卒業に向けて取り組んでいる陶芸の絵付けを行いました。前回、形を作った作品が素焼きされ、そこに特別な絵の具で絵や模様をかきます。今回も、波瀬の寺脇さんに来ていただき、丁寧に教えていただきました。 みんな真剣な表情で自分の作品に向かい、集中して取り組んでいました。どんなふうに焼き上がるのか、今から楽しみです。...
2020年1月 · 10日 1月 2020
6年生が宮前小学校の6年生と算数の交流学習をしました。今回はスカイプを使って一緒に学習しました。遊園地で4つの乗り物に乗る順番を一人ひとり発表し、気づいたことや感想を出した後、「全部で何通りあるのだろう」という課題について考えました。13人の乗る順番を交流する中で、「全く同じ順番や」とか「ジェットコースターは最後に乗る人が多い」などの意見が出され、4人で学習する時よりも多くの乗り方を出し合うことができました。前回は、修学旅行のレクリエーションをグループで相談するときに使ったのですが、今回は教科の学習で初めてスカイプを使いました。少しぼやけてしまって見にくい時があったり、声が途切れてしまったりすることもあり、課題もあるのですが、学校にいながらより多くの意見を聞いたり聞いてもらったりすることができるので、香肌小学校においては、多様な学びという点においても有効だと思います。より効果的な方法を工夫しながら今後も活用していきたいと思っています。
2020年1月 · 09日 1月 2020
2020年がスタートし、全校みんなで書初めをしました。新しい年を迎え、気持ちも新たに書に向かうというのは良き伝統文化ですね。1年生は硬筆で「お正月」、3年生は毛筆で「生きる力」、4年生は「元気な子」、5年生は「美しい空」、6年生は「希望の朝」と書きました。子どもたちは冬休みの宿題として練習してきたこともあり、限られた時間の中で真剣に取り組んでいました。書き上げた作品は「本処かはだ」横に展示しています。