2019年9月

2019年9月 · 30日 9月 2019
7月に5,6年生がお家の方と一緒に作ったはにわが焼き上がりました。9月25日に、木切れ、わら、もみがらを入れて窯入れをし、27日に窯出しをしたのですが、取り出したはにわを見ると、まだ少し焼きが足りない部分があったので、再度焼き直し、30日にもう一度窯出しをしました。今回は、一度目の窯出しの時にまだ焼けていない部分や黒くなっていた部分が茶色く変わり、いい具合に焼き上がっていました。はにわにわらの模様がついたり、温度が高いと青白くなったり、どんな風に焼き上がるかは偶然の産物なんだそうです。まさに世界にたった一つ自分だけの作品ですね。これらのはにわは、学習発表会で展示します。どうぞお楽しみに…。
2019年9月 · 24日 9月 2019
地域開放型図書館の開館にあわせて、3,4年生のやまびこ発表がありました。「パン」「セミ」の群読とリコーダー発表です。群読は、自分たちの考えたオリジナルの言葉やそれに合わせた動きもあり、見ているみんなを楽しませてくれました。一見、セミと関係なさそうな「辞典」や「みかん」の小道具がみんなの笑いを誘い、ほっこりする場面もありましたね。どの子もはっきりとした聞きやすい声で、堂々と発表することができ、練習の成果が感じられてとてもよかったです。地域の皆さんにも見ていただけることが、子どもたちの励みになっているようで、大変ありがたいです。次の5,6年生の発表も見に来ていただけるとうれしいです。
2019年9月 · 24日 9月 2019
5,6年生が黒米の稲刈りとはさがけの体験学習に行ってきました。稲刈りはこれまでもやってきましたが、刈り取った稲を束ねて、はさがけ(天日干し)にするのは今回が初めてです。特に稲をわらで束ねるのが、きつすぎず、ゆるすぎず、なかなか難しそうでした。...
2019年9月 · 20日 9月 2019
1年生が、宮前小学校の1,2年生と交流学習に行ってきました。2限目の体育と3限目の外国語活動を一緒に学習しました。体育ではしっぽとり、外国語活動ではいつも教えていただいているALTのマシュー先生と一緒に名刺交換などの活動を楽しみました。2年生も一緒ということで、いつもと少し違う雰囲気の中でしたが、さすが香肌のスーパー1年生、まわりの友だちにも声をかけながら、活躍することができたようです。今度は、宮前小の子どもたちが香肌小学校に来てくれます。2回目の交流が今から楽しみですね。
2019年9月 · 17日 9月 2019
地域開放型図書館の開館に合わせ、今日は1年生のやまびこ発表がありました。「いちねんせいのうた」の音読や歌、夏休みの思い出の発表、「ゆうやけ」の音読など、これまで学習してきたことを自分たちの手作りのステージの上で一生懸命発表することができました。ギャラリーには1年生を温かく見守る上級生の姿が…。図書館に来てくださった地域の方も一緒に見守ってくださいました。 来週は、3・4年生の発表とプチ企画『こもれび読書会』があります。本に興味がある方もない方も、お気軽にのぞきに来てください。現在、香肌小学校地域開放型図書館の愛称を募集しています。たくさんの方のご応募おまちしています。 これからの『読書の秋』を香肌小学校で過ごしてみてはいかがでしょうか?
2019年9月 · 17日 9月 2019
CSボランティアの方に教えていただき、3,4年生が布ぞうり作りに挑戦しました。お家に余っている布や着なくなった服を短冊状に切り、専用の木の板を使って編んでいきます。初めの頃は、自分の足の大きさに合わせたり、ゆるんでこないようにちょうどいい強さで編んだりするのが難しそうでしたが、慣れてくるとなかなかの手つきで楽しそうに編んでいた子どもたちです。鼻緒をつけるのは、さすがに難しく、ボランティアのみなさんにずい分助けていただきながら、一人ひとりステキな布ぞうりを完成させることができました。使わなくなったものをリメイクすることで、環境にもいいですし、自分で作ったという愛着もわきますから、大切に使えることと思います。
2019年9月 · 09日 9月 2019
3・4年生が川俣小学校「大谷嘉兵衛資料館」を訪問し、郷土の偉人 大谷嘉兵衛について学習しました。これまでもお茶を世界に広めたことや大谷橋を作ったことなどは知っていた子どもたちでしたが、関税撤廃のためにアメリカの大統領に会ったことや国際電話の線を引いたこと、川俣小学校や横浜の学校をつくったことなど初めて知ることも多く、一つ一つのお話を真剣な表情で聞き、しっかりとメモしていました。当時、二十歳になったら登るとされていた山に十五歳で登ったとか、ものすごく勉強したとか、飯高で過ごした子どものころの話も教えていただきました。また、横浜や東京で活躍するようになっても常に飯高のことを考え、飯高の人たちのために尽力されていたそうです。その後、資料館に展示されている時代を超えた貴重な品物を見せていただき、子どもたちは、一つ一つの品物に目を輝かせて見入っていました。自分たちの郷土に世界に誇れるような偉人がいるということ、そして、学習する場があるということはとても幸せなことですね。大谷嘉兵衛の生き方から学んだことを一人ひとりのこれからに生かしていってくれるのではないでしょうか。
2019年9月 · 07日 9月 2019
9月7日朝8:00からPTA環境整備作業が行われました。台風の接近もあり、お天気が心配されたのですが、暑さの方を心配するくらいの天気となり、保護者の皆様、地域の皆様にお世話をおかけし、無事終えることができました。中庭や運動場の草取り、通学路の木の剪定や草刈り、溝掃除など普段できないことを手際よく行なっていただき、本当にありがとうございました。子どもたちがいい環境の中で通学したり学習したりすることができるようになりました。
2019年9月 · 06日 9月 2019
9月6日、5.6年生がスカイプを使って2回目のオーストラリア・タラバジュラ校との交流学習を行いました。「夏休みの思い出」を英語で一人ひとり発表しました。「Ⅰ went to~」「Ⅰ enjoyed~」など過去形を使った文で書き、絵も見せながらの発表となりました。タラバジュラ校のみなさんは、日本語で「冬休みの思い出」を教えてくれました。「夏休みは何日ありますか?」と質問され、「fourty」と答えるとどよめきが起こっていました。タラバジュラ校の冬休みは14日間だそうです。「何才ですか?」や「ゲームをしますか?」等の質問にもなんとか英語で答え、「same」という声が聞かれました。終わった後、ALTの先生に発音が良かったとほめてもらいました。
2019年9月 · 04日 9月 2019
9月4日、3・4年生が手作りの釣り竿を持って蓮川へ釣りに出かけました。川辺につくと、まずはエサとなる虫探し。子どもたちは、慣れた手つきで石をめくってトビゲラやカワゲラの幼虫を何匹も見つけていました。次は見つけたエサを釣り針につけるのですが、これには子どもたちも一苦労。小さな虫を細い針になんとかつけて、いよいよ川へ。泳いでいる魚は見えるのですが、なかなか釣れず…。それでも子どもたちは、場所を変えて何度もチャレンジしていました。結局、釣れた魚は1匹でしたが、竿を作り、エサをさがし、釣りができることをしっかり体験することができた子どもたちです。釣った魚は、写真を撮った後、川へ返しました。一人ひとりの感じたことや学んだことを水辺の生き物の学習につなげていきたいと思います。

さらに表示する